ハローバンドル

※注意 バンドルカードへのチャージは本人以外認められていません!

バンドルカードへのチャージ方法はいくつかあり簡単にできる方法ばかりですが、コンビニやペイジーを使ったチャージはリクエストで発行された番号を巧みに聞き出すことなどで、本人以外もチャージができてしまう可能性があります。

チャージに必要な番号

そのため、何かしら理由(あとで商品を送るなど)をつけて他人にチャージさせるというケースが想定されます。
利用規約違反でもあり、危険なことなので他人のカードのチャージをしたり、逆にチャージをお願いしたりしないようにしましょう。

実際に起きたケース

手口:ネットの掲示板で商品の販売や、代わりに購入することをもちかける

→代金の振り込みのためにバンドルカードへコンビニからチャージさせる(チャージに必要な番号だけ教える)

→チャージしたのに、商品が送られてこない

このようなことは詐欺行為なのでよく注意しましょう!
また、バンドルカード以外の電子マネーでも注意しましょう。

プリペイドカードを悪用した詐欺が増加しています

バンドルカードでなくても、電子マネーやプリペイドカードを悪用した詐欺事件の事例は近年増加しています。
手口は様々なので、十分注意しましょう!
コンビニで販売されているようなプリペイドカードは、買わせて番号を電話、ファックスなどで教えさせる、という手口になります。

主な内容は

  • 有料コンテンツの未納料金など架空請求
  • SNSアカウントを乗っ取り、なりすます
  • 「抽選に当選したため大金を送るから保証金が必要」などと言う

などです。
それらしい理由があっても疑ってみましょう。

気を付けるべきこと

このような詐欺被害にあわないためにも、

  • 覚えのない請求等に簡単に返信したり連絡しない
  • 他人から言われてプリペイドカードを購入したり、カード番号等を伝えたり、代わりにチャージしたりしない
  • 不安に思った場合は、最寄りの消費生活センター等に相談する
  • 実際にトラブルに巻き込まれてしまったら、すぐに警察に連絡する

といった対処が大切です。

プリペイド式であるバンドルカードは正しく使えばとても安心で便利なので、ルールを守ってどんどん使いましょう!

詐欺に関連する記事

チャージ方法はこちら

バンドルカードの使い方に関してはこちら

Sora Nakahara

2017年8月7日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00