ハローバンドル

Amazonで注文をキャンセルした場合の返金はどうなる?

Amazonでは商品の注文を確定した後のキャンセルや返品が可能です。
ただし、バンドルカードを使って注文をキャンセルすると、一時的にキャンセルした商品の代金が残高から引かれてしまう事があります。

» ヘルプ&カスタマーサービス 注文のキャンセル(外部のサイトへ)
» ヘルプ&カスタマーサービス 返品・交換(外部のサイトへ)

Amazonで商品を注文すると、注文後30分~1時間ほどでAmazonからクレジットカード会社へ料金が請求されます。
クレジットカードを使う場合、Amazonへの支払いはまずクレジットカード会社が応じるので、すぐに自分の口座からお金が引き落とされることはありません。
ですので、注文すぐにキャンセルすれば、私たちの金銭のやり取りは発生しません。

しかし、バンドルカードはプリペイド式なので、Amazonから請求が来るとチャージ残高から即座に支払いをします。

[注文]→[料金支払い]→[発送]という順番なので、発送前に注文をキャンセルしてもお金は既に支払ったあと、ということがあるのです。

この場合、Amazonからの返金を受ける必要がありますがAmazonのシステムの仕様により返金に40日前後かかる場合があります。
他のサービスの返金や1円オーソリの返金に比べて時間がかかるため、高額商品のキャンセルなどは十分に注意してください。

返金のテストをしてみる

実際に発注や返金にどれくらいのタイムラグがあるのかテストしてみたいと思います。 ※Amazonには返品や注文のキャンセルができない商品もあるので、購入の際にはよく注意してください

今回はこの延長ケーブルを購入し、キャンセルします。


商品の注文後、Amazonから注文確定のメールが届きます。
しばらく待つと、バンドルカードに通知がきて、Amazonへ延長コードの代金の支払いが行われたことを確認できます。


ここで、注文のキャンセルをしたいと思います。


注文状況を確認すると、商品はまだ出荷準備中であることがわかります。
(すでに発送済みだと注文のキャンセルはできず、商品の返品という形になるので、もしキャンセルしたい場合は早めに対応する必要があります。) [商品をキャンセル]をから理由を選択して注文のキャンセルを行います。


無事にキャンセルリクエストが送信されました。 キャンセルが完了すると、その旨を伝えるメールが届きます。


あとはAmazonからの返金を待ちます。

・・・待ちました。
注文キャンセルから48日後、AMAZON CO JPから延長コードと同じ金額がチャージされました。


基本的に45日間を境に返金が行われ、今回も少し遅めでしたが48日で返金が行われました。
返金は必ず行われますが、冒頭で述べたように返金には時間がかかるので注意が必要です。

返金を待つ間にリアルカードを有効化してしまった場合

今回は想定される事態として、返金を待つ間にリアルカードを有効化し、カード情報が変わってしまったケースも合わせてテストしました。

バンドルカードは実際のプラスチックカードであるリアルカードを作ることが出来ます。
» リアルカードの作り方

リアルカードを有効化(アクティテベート)すると、以前使用していたカード情報は破棄され、カード情報が新しいものに変更されます。
これを踏まえ、今回は注文のキャンセル後にカードを有効化することで、注文時と返金時にカード番号が変わっている状況を意図的に作り、Amazonからの返金を受け取れるかテストしました。

結果としては先ほど紹介した通り、問題なく返金を受け取ることができました。
ただ、返金を受けた翌日に、運営側からの操作で返金額と同じ金額が出金され、入金されています。


運営からの出入金が記録されている

これは、リアルカード有効化の際に破棄された古いカードに返金がされてしまうので、古いカードから返金額を一度引き出し、有効化後の新しいカードに入金し直したという操作の表れです。

バンドルカードでは取引の途中でカード番号が変わっても、資金が行方不明にならないよう運営で管理をしていますので、心配なく使えるというのも大きなメリットかと思います。

Rei Matsuzaki

2017年3月29日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00