ハローバンドル

ガソリンスタンドや宿泊施設でバンドルカードを使えるようにする方法

前回のコラムで、バンドルカードの使えないお店について見てきました。
今回は、その中でもガソリンスタンドや宿泊施設で使えるようにする方法を見ていきます。

なぜ使えなかったか?

ガソリンスタンドや宿泊施設でバンドルカードが使えない理由は、お店から送られてくる支払い代金が1円として連携されてしまうために、正確な金額を残高から引くことができないからでした。

これは、ガソリンスタンドや宿泊施設のサービスの特性上、正確な代金が給与後やチェックアウト後に確定するためです。

ガソリンスタンドでの決済の流れ

どうやって対応する?

この問題の対策として、指定したお店から1円の支払いが送られてきた際に、正確な代金が連携されるまで残高から特定の金額(1万円など)を引いておき、後で差額を戻す【ホールド処理】と呼ばれる方法があります。

ホールド処理をした場合のガソリンスタンドでの決済の流れ

ホールド処理の問題点

ホールド処理を行えば、通常の支払いであれば問題なく使えるようになります。しかし、ホールド処理には下記のような問題も残っています。

  • 1,000円の支払いであっても指定されている金額分の残高(先の例だと1万円)がないと利用できない
  • 指定されている金額以上を利用されると残高不足になってしまう

これらの問題を解決するためには、

  • わかりやすい画面表示
  • 残高不足時のチャージ依頼方法の確立
  • ユーザーの皆様との信頼関係の構築

が必要となってきます。

バンドルカードでの対応

バンドルカードでは、これらの問題点を解決できておらずご不便をおかけしております。現在はガソリンスタンドや宿泊施設での利用開始は未定ですが、バンドルカードが多くの場所で利用できるよう、これらの問題を解決しサービス向上に努めてまいります。

参考:ガソリンスタンドでの通常のフロー

Wataru Yamaki

2016年9月27日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00