ハローバンドル



デビットカードとプリペイドカードを比較。どちらをどう使うべきか

デビットとプリペイド


近年、デビットカードやプリペイドカードは支払い手段として、その存在感を増しています。
使い過ぎの心配がないことなどから、クレジットカードに代わる日々の決済手段として検討している方もいると思います。
しかし、デビットカードとプリペイドカードの違いがわからないと、何が自分の求めるカードかわかりません。
両者の基本的な違いと、おすすめの使用例を紹介します。

主な違い

①引き出し方法

決定的な違いはお金を引き出す方法です。
デビットカードは特定の銀行口座からお金を引き落とすのに対して、プリペイドカードは事前にチャージした額から支払われます。
この違いが両者のサービスの違いを生んでいるのです。

②利用可能な時間

デビットカードは銀行口座と紐づいているため、銀行の営業時間によってカードの使用時間が制限されてしまいます。
特に、J-Debitのカードは銀行のキャッシングカードをそのまま利用できる反面、年末年始やゴールデンウィークに使えなかったり、極端なケースだと夜は使えないという事もあります。
最近はVisaデビットカードやJCBデビットカードなど、クレジットカード会社系のデビットカードが増えてきており、こうしたカードは24時間使えることがほとんどです。

一方、プリペイドカードは銀行のATMシステムとは別の方法を採用しているので、利用時間に制限が加えられることはまずありません。

③発行条件(審査・年齢制限)

デビットカードもプリペイドカードも、クレジットカードに比べると簡単な条件で作ることができます。
デビットとプリペイドでは、与信などの審査はどちらも差はなく、ほぼ誰でもカードを作ることができます。
デビットカードの方は銀行口座を作る必要があるので、口座開設の審査の分少し厳しいです。

一方で 年齢に関しては明確に差があります
デビットカードの場合、カード発行の条件を15歳以上の高校生と定めている場合がほとんどです。
対して、プリペイドカードの多くは年齢制限がありません。

④盗難・紛失・不正利用

発行条件と関連していますが、銀行口座をベースとするため、デビットカードには個人情報が多く含まれます。
対して、プリペイドカードは 本名すら必要ない場合もあり、匿名性が高いと言えます
この点で、プリペイドカードの方がデビットカードよりも不正利用や盗難に強いと考えられます。

また、デビットカードは不正利用された場合に 銀行口座の全ての資金が危険に晒されるため、チャージした分しか使えないプリペイドカードよりもリスクが高いと言えます。
海外の信用度の不明なサイトを利用する時などは、デビットカードよりもプリペイドカードを使った方が安全です。

⑤限度額

引き出し方法の異なるため、入金・利用限度額にも差があります。
デビットカードは銀行口座の残高から引き落とすので、実質的に入金の限度は存在しまん。
一方でプリペイドカードは、入金残高に限度額が設けられている場合もあり、大体100万円が残高限度の相場となっています。

⑥ポイント・還元

ポイントに関してはデビットカードの方が優れています。
そもそもプリペイドカードは使い捨てや、個人情報を登録しないものもあり、ポイントを付ける先が無い場合も多く、ポイントによる還元制度自体が多くありません。
また、ポイントに関してはデビットカードも善戦しているものの、クレジットカードに付帯するものに比べると見劣ることが多いようです。
» デビットカード人気ランキング(外部のサイトへ)

おすすめの使用ケース

家計の管理

まず多いのが「家計の管理のため」というケース。
デビットカードやプリペイドカードはすぐに支払い額を確認できて、決めた範囲内での支払いに限定できるという点で、収支管理を簡単にすることができます。
今月は〇万円だけ使うと決めてチャージをし、その範囲内で使うような方法を取れば確実に支出を抑えられますし、月末にいくら使ったかの把握も簡単になります。
身の丈に合った支払い、使い過ぎを防止という点でクレジットカードよりも優れていると考えられます。

リスクのあるサービスでの支払い

前述のとおり、プリペイドカードは不正利用に強いため、海外サイトでの支払いなどに対してはクレジットカードの代わりにプリペイドカードを使うという方法が安全です。
プリペイドやデビットカードは即時引き落としなので、不正利用をされた時も比較的早く気づくことができるのも特徴です。

支払い手段の一本化

あまり注目されませんが「支払い手段の一本化」はプリペイドカードを使う大きなメリットです。
資産管理の上で、資産は分散するのが原則です。
銀行口座の分散や債券の購入など従来の方法だけでなく、ビットコインでの資産運用など分散先は多様化しています。

一方で、保管先が多いと資産を使う際に、いちいち保管先に対応した支払い方法を用意する必要があり面倒です。
例えば、A口座の預金はAデビットカードから支払い、B口座の預金はBクレジットカードから引き落とし、ビットコインの預金はC銀行の口座に移してからATMで現金化する…など中々大変です。

しかし、バンドルカードのような幅広いチャージ方法が用意されたプリペイドカードを使えば、複数の保管先からチャージができるので、支払い方法を一本化できます


バンドルカードなら6種類のチャージ方法が選べる

複数の支払い手段を管理する必要が無くなるという点で、手間を大きく省くことができます。
こうした利用方法は銀行口座と一対一に対応するデビットカードではできない、プリペイドカードならではの利用法です。

未成年の利用

デビットカードやプリペイドカードは未成年の方こそ積極的に使いこなすべきカードでしょう。

デビットカードやプリペイドカードは、自身の持つお金の範囲でしか使えないので、クレジットカードのように使い込みの心配もありません。
むしろ、若いうちからカードやお金の管理方法を学ぶのに適切な教材だといえます。

また、インターネットの発達で若年層の娯楽もweb上に移り、支払いにクレジットカードが必要な場面が増えてきています。
プリペイドカードなど、web上での支払い手段を持つか持たないかは今や未成年の人にとってこそ大きな問題ではないでしょうか。

未成年の場合、銀行口座の開設はハードルが高いと思いますが、そういった場合はプリペイドカードがおすすめです。
バンドルカードであればスマホで1分で発行してコンビニでチャージもできますし、vプリカもコンビニで買う事が出来ます。

海外ATMで直接現地通貨を引き出す

デビットカードやプリペイドカードの中には海外用のものがあり、これを使う事で海外のATMから安い手数料で現地通貨を引き出すことが出来ます。
この方法を使えば外国に大量の日本円を持ってい行き両替する手間とリスクを一度に省くことができます。


出典:[マネパカード](https://card.manepa.jp/)

クレジットカードでのキャッシングに抵抗がある方でも、プリペイドカードであれば自分の預金を口座から引き出すのと同じなので安心して使う事ができます。
また、デビットやプリペイドカードであれば万が一、紛失や盗難にあっても被害を最小限に抑えることができるという点でもおすすめです。
» 【保存版】海外専用のプリペイドカードの比較とおすすめランキング


いかがでしたでしょうか。 既にクレジットカードを持っている人にとっても、使い方によってはデビットカードやプリペイドカードは利用価値の高いツールであると言えるのではないでしょうか。

Rei Matsuzaki

2017年3月29日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00