ハローバンドル

クレカが不正利用された時の返金・補償は?自己負担の可能性は?不正利用を防ぐ方法

クレジットカードが使いたいけど不正利用や盗難が怖い、という方は一度バンドルカードを経由して使うことで心配が無くなります!詳しくは記事の後半を御覧ください。

1.クレジットカードの不正利用

クレジットカードに対して「不正利用が怖い」「個人情報流出が心配」などのネガティブなイメージをもっている人も多いかと思います。
Twitterでも「クレカが盗まれ不正利用された」というツイートが見られます。

不正利用されるのケースには、実際にカード本体が盗まれてしまうケースやカード情報(カード番号、暗証番号、セキュリティコード)が盗まれてしまう2つがあります。
不正利用の手口について詳しくはこちらのサイトを御覧ください。
» クレジットカード決済での不正利用・なりすまし等の原因・手口などの注意点

もし不正利用されたらどうなるのでしょうか。

2.不正利用があった際の対応

カードが無いことに気づいた、または利用明細等を見て不正利用に気づいた、という場合はすぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。ただちに利用が停止されます。
問題は不正利用された場合の損害ですが、ほとんどのクレジットカードは盗難保険に加入しているため基本的に自分で負担する必要はありません。

しかし 不正利用の発覚が遅れた場合や、暗証番号が漏洩していた場合 には盗難保険が適用されない場合もあります。「補填されるから大丈夫」ではなく普段から貴重品、個人情報の管理に気を配りセキュリティ意識を高めることが重要です。

次に、バンドルカードを使った不正利用対策をご紹介します。

3.不正利用を防ぐためにバンドルカードを使う

バンドルカードは審査無しで誰でも作れるため「クレカが怖い、審査が通らない」といった方たちがカード決済できるようになる便利な方法として広まっていますが、「クレジットカードの不正利用防止」という目的でクレジットカードとバンドルカードを一緒に使う方法があります。

バンドルカードには様々なチャージ方法がありますが、その中にクレジットカードでのチャージがあります。

この図のように「クレジットカードをお店の人に渡す」代わりに、
使う分だけクレジットカードでチャージされたバンドルカード をお店の人に渡す」ようにします。

こうすれば、

  • 銀行口座に直結したクレジットカード情報が漏れる心配が無い。
  • カードが使われたら携帯に通知が来るため不正利用されてもすぐに気づくことができる。
  • 使う分しかチャージしていないため被害が小さくすむ。
  • 利用する分をチャージする必要があるため使いすぎの防止にもなる。

といったメリットがあります。 カードや携帯を失くしたという場合は、アプリ上ですぐにカードを停止し、バンドルカードサポートデスクにご連絡してください。
バンドルサポートデスク (平日9:30~17:00):050-5578-8117

スマホで5分で作れるバーチャルVisaカード「バンドルカード」の発行はこちら
» 5分で完了。Visaプリカがスマホで作れるバンドルカードの登録方法

クレジットカードはとても便利ですが不安な人はバンドルカードと一緒に使ってみてはいかがでしょうか。

また、バンドルカードには他にもチャージ方法があるため「まだクレジットカードは怖い」という方も、まずはアプリでバーチャルカードを作ってみてください!

関連記事

Sora Nakahara

2018年3月6日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00