ハローバンドル

ビットコインデビットカードを使ってビットコインを上手に利用する方法

ビットコインで支払いができる店舗を一気に増やせる

ビットコインで直接決済できる店舗やサービスは日々拡大しつつありますが、特に現実の店舗だとまだ使える場所は限られています。
そうした ビットコイン非対応の店舗でビットコイン決済を可能にする のがビットコインデビットカードです。
ビットコインデビットカードはビットコインを円やドルなどの既存通貨に換えて、クレジットカードとして使用できるサービスです。


ビットコインの直接支払いができる店舗は少ない。出典:Blockchain info

例えばバンドルカードはVisaに対応したプリペイドカードなので、ビットコインを円建てでチャージすれば全国のVisa加盟店で使うことができます。
Visaの加盟店は世界中で4400万店以上あるため、Visa対応のプリペイドカードを使うだけで一気にビットコインが使用できるサービスが増える事がわかります。

また、ビットコインの現金化の手段としてもバンドルカードなどであれば長くても数時間で可能なので、銀行口座を介すよりは短時間で済む手段であると言えます。

実際、ビットコインで資産運用されている方など、ビットコインに慣れ親しんでいる方にとってビットコインデビットカードはかなり利用価値が高いとおもいます。

海外では


ビットコインデビットカードは海外ではいくつもの事業者がサービスを提供し、覇権を争っている状態です。
外国のビットコインデビットカードに関してはこの記事がとても詳しいので興味がある方は是非参考にしてみてください。
» 覇権を得るのはどのカードか―ビットコインデビットカード比較6枚(外部のサイトへ)

外国発のビットコインデビットカードは競争が激しいだけあり、サービスの種類も豊富ですが、

  • 届くのに時間がかかる
  • 発行手数料がや年会費が高く、10ドル~200ドル(!)かかる
  • ビットコイン⇄円の両替ができない
  • そもそも日本在住者は取得できない

などの要因があり、日本にいるとなかなか手を出しずらいのが現状です。
唯一、イギリスのWirexは来春までにビットコインの円建てを目指すと発表しています。
Wirexはsms通知に料金がかかることや、発行手数料が比較的高いことをクリアできれば選択肢として考えるのもありかも知れません。

国内でビットコインを円建てして使えるデビットカードはにあるか?

やはり日本で生活するにはビットコインを円建てして決済できるカードが必要になります。
結論から言うと、現在ビットコインを円建てして決済できるサービスは日本には2つあります。

一つ目はバンドルカードです。


特徴としては

  • 一回3万円、月額12万円までビットコインを日本円としてチャージできる(チャージは1,000円単位)
  • 電話番号と生年月日だけで1分で発行できる
  • カード発行は無料。プラスチックカードの発行も300円で可能であり外国のサービスに比べてもかなり安い。
  • ビットコインとの交換はcoincheckが最も簡単だが、その他のウォレットでも可能。

という事があげられます。特にビットコインのチャージ方法が簡単であることがうれしいです。

もう一つのサービスはVプリカです。


特徴としては

  • 1,000円、3,000円、5,000円、10,000円のプリペイドカードとビットコインを交換できる。(1万円を超える交換や1,000円刻みでの交換額の調整は不可)
  • カード発行は無料。プラスチックカードの発行はできない。
  • ビットコインの交換先はcoincheckをはじめ3社に限定。

ということがあげられます。

Vプリカへビットコインから入金する際は、WALT社にビットコイン交換の申請をし、その後Vプリカの専用サイトでアカウントを開設して交換する、という手順です。

海外、国内いずれのカードもそれぞれ特徴があるので、自身の用途に合ったものを使い分けるのが良いでしょう。

訪日外国人にも

日本のビットコインデビットカードは訪日外国人にとっても便利なサービスです。 ビットコインを所有していれば、日本にきてわざわざ両替をしなくとも、ビットコインデビットカードをその場で発行し(バンドルカードであれば1分でつくれます)、ビットコインを円建てチャージすればすぐにクレジットカードとして使えます。


この方法は自国で使っていたクレジットカードを日本でそのまま使うよりも、金銭面でいくつかメリットがあります。

一つは有利な為替レートを選べる点です。
通常のクレジットカードを外国通貨建てで使った場合、その為替の交換のタイミングは、自分では決められないため、不利なレートでの交換になる可能性があります。
しかし、バンドルカードのようなタイプのカードであれば、その場でビットコインを円に交換できるので、ビットコイン⇄円の為替レートを見て、自分に有利なタイミングで交換をすることができます。

二つ目は海外事務手数料がかからない点です。
通常、外国でクレジットカードを使うと海外事務手数料といって1~2%分の余分な手数料をとられてしまいます。
しかし、日本のビットコインデビットカードをビットコインから円建てチャージして使えば海外事務手数料を無くすことができます。

ぜひ皆さんのまわりにも日本にいらっしゃる外国の方にこの方法を勧めてみてはいかがでしょうか。

※自国のクレジットカードからチャージすると同様に手数料が発生します。
※バンドルカードの発行には日本の携帯番号の登録が必須になるため、外国からの方は日本でSMS受信可能な格安simなどを入手して電話番号を手に入れてから登録するのがいいかと思います。


いかがでしたでしょうか、ビットコインを使っている方であれば、ビットコインデビットカードを導入することでビットコインの使い勝手がぐっと上がると思います。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

あわせて知りたい
» ビットコインの使い方を知るには、ビットコインを保管するウォレットや取引所の区別から
» ビットコインの使えるサービスやお店は?決済についてまとめてみました
» ビットコインの送金は結局早いのか?承認とは?

Rei Matsuzaki

2017年1月10日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00