ハローバンドル

インターネットの買い物がより快適に。バンドルカードでの支払い方法を紹介!

バンドルカードの登録 ができたら、お金をチャージをして実際に買い物で支払いをしてみましょう。

今回はインターネット予約による映画のチケット購入をバンドルカードで支払ってみたいと思います。

基本的にはクレジットカードの使い方と同じなので、普段からクレジットカードを使われている方はすぐに馴染めると思います。
もちろん、普段クレジットカードを使わない方でも簡単に支払いはできるのでご安心ください!


まず、映画館のページにアクセスして見たい映画の時間帯、座席などを指定していきます。


TOHOシネマズでの決済を開始

個人情報を入力して、お支払方法の中からクレジットカードを選択します。


クレジットカードの欄にチェック

利用可能なカード会社が表示されますが、バンドルカードはVisaカードの扱いなので支払いが可能です。

ここからカード情報を入力していきます。

1.カード番号の入力


カード情報入力欄

一番上のカード番号の欄に、バンドルカードのアプリに表示されている16桁のカード番号を入力します。


コピーできると、このようにコピー完了の表示が出ます

この時、バンドルカードではアプリで表示されるカード券面を長押しすると16桁の番号をコピーできるので便利です。

2.名義人の入力

名義人は通常は本人の氏名ですが、バンドルカードでは、[姓:VANDLE]、[名:USER]と入力してください。
(この際、アプリの上部に表示される名前はアプリのユーザーIDなので混同しないように気を付けてください。)
画像のように VANDLE USER と入力すればオーケーです。


名義人の入力

3.有効期限の入力

有効期限はカード券面下に小さくmonth/yearと書かれている数字が、左から有効期限の月、年の下二ケタになっています(今回の場合は2021年9月)。


カードの有効期限

4.セキュリティコードの入力

最後にセキュリティコードを入力します。
セキュリティコードはサービスによってはCVCコード、CVVコード、CV2コードと表現される事もありますが、全て同じ内容を指しています。
通常のクレジットカードでは裏面に表記されますが、バンドルカードではカードの右上に記載された3ケタの数字になります。


カードのセキュリティコード

必要事項が入力されていることを確認し、[次へ]を選択。これで支払い完了です。


入力完了

サービスによっては名義人が必要ないこともありますが、16桁のカード番号、名義人情報、有効期限、セキュリティコードの4つが支払いに必要な情報になります。

カード情報はカード券面にも載っていますが、カード左上の輪っか状の矢印をタップするとカードが裏返り、カード情報がより見やすく表示されます。


カードを反転するボタン


カードを反転

注意したいのは、バンドルカードはプリペイド式なので支払い金額がチャージ残高を超えていると支払いができないという事です。
支払いの際には先に残高を確認するのがおすすめです。

なお、支払いから1分以内に支払い通知がアプリに届きます。


支払い通知

今回はバンドルカードでの支払い方法を見てきました。ネットの支払いでは特に便利なのでぜひ使ってみてください!

合わせて知りたい

ビットコインからVisaプリカ「バンドルカード」への円建てチャージが可能に!チャージ方法をご説明します

Rei Matsuzaki

2016年12月6日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00